日本の熟成肉と本場の熟成肉との違いとは

今日、飲み会で熟成肉を堪能した


しゅーです!



ここ数年、


ローストビーフ丼、熟成肉を


提供する店が多くなりブームとなっています。



なので今回の日記は熟成肉について


書いていきたいと思います。



そもそも熟成肉と普通の肉って何が違うの?って


思いますよね!



多分、熟成って名前から美味しくするために


置いとくのかなということがなんとなくわかります。



本来の意味は


低温、湿度調整された専用庫で


一定期間、保存し熟成させた肉のことです。



この熟成肉は大きく分けて2通りの熟成方法が存在します。

スポンサーリンク




①ドライエイジング


アメリカのニューヨークを本場とする本来の熟成方法。


ブロック肉を熟成肉専用庫(乾燥熟成庫)に保存します。


その熟成庫の温度は0~4℃、湿度が約80%とされており


2週間から2ヶ月の時間をかけて熟成させるとのことです。


その期間で肉の表面を乾燥、青かびに


覆わせたりすることでたんぱく質をアミノ酸に変化させ


旨み、柔らかさ、独特の味(ナッツ臭)という効果が


生まれるみたいです!


また乾燥後は表面をそぎ取るので


実際に食べれる量は少なくなるため


値段も高くなってしまいます。



②ウェットエイジング


日本で取り扱われてる熟成方法。


この熟成方法は真空パックになった肉を


乾燥させず冷蔵状態で熟成させます。


その期間は2~3週間程度とされており


ドライエイジングと比べ生産性が高く


低価で食べれるが旨み、香りというのは


劣るとのことです。



この2つの熟成方法を見ていると


私が食べたの熟成肉は


本場の熟成方法ではなく


ウェットエイジングだったかもしれないです!


美味しかったですがなんかショックです笑


どなたか本場の熟成方法である


ドライエイジング製法の


熟成肉が食べれる店と見極め方法を


教えてほしいです(;・∀・)


次こそは下調べしてから


熟成肉を食べるようにしようかな(´・ω・`)


そんなどうでもいい日記でした。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック